恋愛依存症は克服できます

恋愛依存症克服

女性の恋愛をラクに楽しく♪

感情コントロールコーチの
かめじなかひとみです。

あなたは彼といると楽しくて幸せですか?
それとも、不安になったり、寂しく感じることの方が多いですか?


「いつもあの人のことを考えて気になって仕方ない。
 仕事中でも彼とのネガティブな考えが出てきて仕事に集中できない。」

「彼が会いたいって言われたら、夜でも飛んでいく。身体も差し出す。
 彼が私の生活の中心になってる感じがする。」

「こんなに彼のことを思って、いろいろ尽くしているのに、
 なんか報われない気がする。」



せっかくの楽しい恋愛のはずなのに、
つらいな、苦しいな…と感じることが多くなったら、
彼に依存して重くなっている自分がいるのかもしれません。

恋愛依存症の時に考えていたこと

当時私は「彼女のいる彼に、それでもいいからとセカンドな関係」
でいました。

幸せになれないと分かっていながらも、
その人に執着して、「自分の行動も気持ちも彼次第」
と、依存していたのです。

ここに書いてあるのは、
私が恋愛依存傾向にあった時に、実際に考えていたことです。

いつも彼のことが気になってしょうがない。
一緒にいないとき、彼は今何をしてるの?
すごく気になる。

メールも電話も来ない…
実は他の彼女がいるのを知ってる。

でも、きっと彼は私を一番好きでいてくれてる。
大丈夫、彼は私を必要としてくれてる。

だから彼は私から離れられない。離れたくない。
もし女の影がちらついても、絶対に私に戻ってくる。
浮気なんて許してあげるよ。私だから許せるの。

私ががんばれば、きっと改心してくれるはず。
彼は悪い人じゃない。きっと寂しいだけなんだ…。


じゃあ今度彼が何か頼ってきたら、断らないであげよう。
離れるのが嫌だから、もっと一緒にいたいから、
会いたいって急に言われてもいいようにいつも予定は彼中心に考える。
ご飯も作るし、セックスだって…彼が望んだときにする。

でもなんか…こんなに好きなんだけど…
苦しいのはなんなんだろう?

こんなに彼のためを思ってるのに、
なんでずっとこっちを向いてくれないんだろう?

でも、彼の「ありがとう」「大好きだよ」
の一言ですごく救われる。

けど…苦しい…辛い…
そういえば…いつも同じような恋愛パターンになってる気がする。
なんでいつも…苦しいんだろう?

「セカンドな関係」は本当に望んでいなくて、
「一番の彼女」になりたかった。

けど、そんなことを言ったら、きっと嫌われる。別れようと言われる。

でも、私としてはこの現実は認められない!

だったら、変わらないのなら、
自分の中で現実をねじ曲げて思い込もうと思ってました。

「向こうは浮気相手だ」(本当はこちらが浮気相手)
「私は都合のいい女なんかじゃない!」(思いっきり都合良すぎてる)
「献身的な彼女を演じる」(そもそも彼女じゃない)

それくらい現実を直視できなかったんですね。

「恋愛依存症」は病気ではありません

「恋愛依存症」は、病気ではありません。
なので、お医者さんへ行っても、診断はおりません。


嗜癖(しへき)と呼ばれます。クセですね。


「依存症」は、”それ”なしでは生きていけない、という状態です。
”それ”が生活の全ての中心になってしまって、
取りつかれているという状態です。

アルコール依存は、アルコールなしでは生きていけない。
薬物依存は、薬物なしでは生きていけない。
ゲーム依存は、ゲームなしでは生きていけない。

恋愛依存は、恋愛にまつわるもの…
恋愛そのもの、恋人、対象相手、ロマンス、セックスなど、
”それら”なしでは生きていけない状態のことです。


恋愛をしている時って、
恋愛初期はまあ誰でもその状態だと思います。

恋愛依存と、普通の恋愛の違いは?となると、

考えることは、
恋愛のこと(相手、ロマンス、セックスなど)のことだけ。

心がボロボロになっているのに、それでもやめられない。
どんなに苦しくなっても、
恋愛や相手のことから手を離せなくなってる。

ということですね。

・DVとかモラハラを受けているのに別れられない。
・集中できずにミスが重なったり、うつ症状が出るなどして
 仕事に支障が出ている。
・ストーキング行為なとがやめられない。

など、日常生活への実害が出ていたら、
すぐに「共依存」の克服をオススメします。

恋愛依存症4つの傾向


その傾向は、4つの傾向に分かれます。

苦しい恋愛をやめたいのにもかかわらず、やめられない。
そういいうダメ恋愛に依存する人
『共依存』

人との関係が怖く、親密さを回避する傾向。
共依存症者の相手となる依存される人
『回避依存』

愛のロマンスから得られる刺激や興奮に依存する人
『ロマンス依存』

ネガティブな感情や現実から逃避する、
などの手段として性に依存する人
『セックス依存』


私自身、『共依存』の傾向にありました。

また、それぞれ一人一つの傾向というものでもなくて、

こちらが相手を好きになった時は「共依存」の傾向。
相手から好きになられると、相手を避けたくなる
「回避依存」の傾向になる。

とか、

男性から言い寄られて、「回避」しようと思ったけど、
付き合ってから素っ気なくなってしまって、
急に自分の方が追いかける「共依存」傾向になる。

など、多かれ少なかれ、
それぞれの傾向はもっているものなんですね。

というのも、依存の根本は全て同じで、
傾向がその時、その相手によって変わっているだけだったりします。

克服するのにとても参考にさせていただいた本はこちら↓

依存傾向を抜け出すためにまずすること

自分の恋愛パターンに気づいていますか?

もし、「あ、またこのパターン…」と気づいたら、
過去の恋愛を振り返ってみてください。


5、ぐるぐると輪を回っている
同じことの繰り返し。
相手が変わっても、同じように”嫌な結果”になったり、
”ダメ男だった!”という恋愛パターンを繰り返しています。

恋愛依存とは?「恋愛依存症の人の特徴とは?」

その、『輪』の全貌を、ちゃんと気づいていきましょう。
そのためには、自分の『恋愛パターン』に気づくことです。

●どんな人を好きになりやすいのか
(ルックス、年齢、性格、雰囲気など)

●どんなきっかけで付き合うのか
(付き合うきっかけ、知り合ったきっかけ、告白の仕方など)

●どんな付き合い方をするのか
(つくすのか、つくされるのか、べったりなのか、冷静なのか)

●どんなきっかけでつらく、苦しく感じるのか
(我慢しすぎ、自爆する、相手を疑ってる、盲目的になりすぎる)

●どんな別れ方をするのか
(別れの原因、別れを告げるのはどちらか)


自分が好きになりやすい外見的特徴
はわかりやすいかもしれませんね。

自分では気づいていない部分も多いので、
恋愛のごたごたが終わった後に、
「あ、そういえばまただ…」って気づくことは、
私は多かったです。


当時お世話になってたカウンセラーさんに気づかされたのは、
「もう(あなたは)母親役になってるよね。
だから(今まで関係のあった人)子どもだって思ったんじゃない?」
ということ。

「私がこのダメ男をなんとかしなきゃ!」って思ってました。
母親的目線で、「ダメな子なんだから~」みたいな感覚。

恋人のように甘えられても、受け取る私自身は、
「も~しょうがないなぁ~」(母親の口ぐせ的な感じ)
でしたね。


だから、親の役割のように、
相手がいつも気になっちゃうし、口うるさくお節介しちゃうし、
甘えられない、頼れない、なんてこともあります。

誰も自分の親と恋愛したくないですものね?
(気持ちわるってなりますね・苦笑)

本来なら恋愛関係は対等な信頼関係を築くのですが、
親と子の上下関係の勝ちor負けパターンしかないので、
常に対立か支配・服従の心の安心できない関係
になってしまい、つらく苦しく感じてしまうのです。

自分の『恋愛パターン』に気づけたら、
同じ輪をぐるぐるとまわり続ける脱出口になりますよ♪

あわせて読みたい記事

公式LINEアカウントを作りました!
こんなテーマをリクエストしたい!
というときはメッセージをくださいね^^

友だち追加

今だから!オンラインで受けることが可能です。
体験セッションのお申し込みはこちら↓

*無料メール講座*

カウンセリングメニューお客様のお声・ご感想お問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました