東京都調布市・女性専用<恋愛依存・共依存・執着克服>

スペシャルプログラム「ブルックリンプログラム」

やめたいけど、やめられない…が、
やめられる。楽になる!



やめるための我慢をしなくていい。
辛いこと、苦しいことを話さなくてもいい。
”いい気分””ポジティブな気持ち”により焦点を当てる。
自信、信頼感、安心感が湧いてくる。
罪悪感や、被害者意識を感じなくていい。
自分の感情のコントロールができてくる。
自分の中から湧いてくるいい未来に向けて、つき動かされていく。

神経言語プログラミング(NLP)や様々な心理療法を組み合わせた
独自の依存症・トラウマ治療モデル。

それが、日本初上陸の「ブルックリンプログラム」です。

私が感じた効果として…


今は恋愛依存を克服しているので、違う依存の例を出してみます。

頭の中がごちゃごちゃしたり、ストレスを感じたりすると、

食べるためにお酒をたくさん飲んで、飲み過ぎ、食べ過ぎ。

お腹も痛いくらい食べ、ワイン1本空け、それでも酔えない日がありました。

飲んでも食べても、満足にはならず、むしろ罪悪感と、後悔しかありません。

お腹も、頭も痛いし、
「食べたくないのに、飲みたくないのに、やってしまう」状態。

実は、カウンセラーになってからも、プログラム研修を受ける前までそんな感じでした。
それが、終わってから今までの間。

〇自分自身の実験でお酒売り場に行ってみても、
 「お酒が飲みたい」と思わなくなった。

〇お酒が、全く魅力的に感じられなくなった。
 (お酒を飲む、という選択肢がなくなった)

〇それでも、実験で飲んでみたら、ワイン1本でいつもは済まないのに、

350ml缶のチューハイ1本空けるのに1時間かかる。(いつもだと、ものの数分)

ワイン1本なんて、とんでもなく飲めない感じ。

〇自分に対して、ものすごい信頼感と安心感と自信を感じる。

〇未来に対して、なんとかなりうる、という自信しか湧いてこない。

〇自分の中から、突き動かされるような感覚が起こる。

〇他の人の評価や批判が気にならない。

〇拒絶された感がないので、被害者意識にさいなまれない。

こんな感じです。

私としては、「お酒を選ばない。飲んでいない。」ということに、
すごく「この感じはありえなーーーい!!!」って思っています。

自分でもびっくりしてます(笑)

そして、お酒を買わない、食べるものも買わないので、余分な出費もなくなり、

「お金がない…」と悩んでいる時間や、みじめな気持ちや、罪悪感、後悔と言った嫌な感情が少なくなりました。

「依存」=「悪いこと」と思ってませんか?


「依存」=「悪いこと」と思ってませんか?
私はそうは思わないんです。

人って、食べ物だったり、家族だったり、周りの人たちだったり、

地域だったり、国のシステムだったり…
依存しあって生きている生き物なんです。

なので、「依存をすること」が「悪い」んじゃないんです。

ただ、極端に、過剰になり過ぎていると、
コミュニケーションに不具合が出てきたり、自分を責めたり、否定したりして、

心が辛くなったり、苦しくなったり、
ということが起こっているだけ、なんだと思うのですよ。

極端、過剰の状態から、バランスをとることへ。
病的な依存から、健康的な依存へ。


そうなると、人生も人間関係もうまく回っていくんですね。

それに、恋愛相手に依存することでしか、
今までやってこれなかったのかもしれない…
となれば、
恋愛相手が拠り所になっている方もいたりします。

その拠り所を無くしたら…その方はどうなってしまうのでしょう?

たまたま、自分なりに生き抜いてきた方法が、
結果的に「依存する」という手段だった。
ただそれだけなんです。

そして、この生き方に疑問が生じ始めてきた、違和感を感じてきた。
その状態が苦しい、辛い、と感じているのも事実です。

それが、今なんでしょうね。

依存は依存でしか克服しない


「依存症に特効薬はありません。」
このプログラムの開発者は、
プログラム研修の一番最初に言いました。

うまく生き抜いていくうえで、「依存する」という方法しか知らなければ、

そこから抜け出すために、別のものに「依存する」という方法が、

その人にとってすんなり抜けられる道だったりします。

依存の仕組みが分かりやすいので、薬物依存の例で行くと、

今嫌な現実がある。忘れたい。嫌な気分。

薬物を摂取すると、そんな嫌な現実も気分も、
忘れられるくらい 気持ちがよくなる、
という経験をする。

薬が切れると、そんな嫌な現実に戻る。
やっぱり嫌だ…忘れたい…。

薬物を摂取すれば、忘れられる、気持ちがよくなるって分かっているので、
もう1回やってみる。やっぱり気持ちいい!忘れられる!

薬が切れて、現実に戻る…薬が欲しい…

薬物を摂取することを繰り返し行うようになる。
そうなると、最初のころの少ない量では、気持ちいい感じが感じられなくなるし、 間隔も短くなっていきます。

そうなると、
「薬を得るためにはどうしたらいいか?」に
頭がいっぱいになるし、
そのためにはなんだってやるんじゃないでしょうか。

↑の「薬」を、「恋愛相手」に変えてみたら、
恋愛依存と同じ仕組みになります。

そして、そのとき感じた、
「いい気持ち、全てを忘れられる感覚」が、
優先順位1位になっていて、

それと他の物事を比べて、優先順位が作られていくんですね。

そうなると、
それより「いい気持ち」になれることがあれば、
やっとその依存から抜けられるんです。


それって、
こんなにいやな現実、ダメな人間、無価値な存在、愛されない人間…
を感じている中で見つけられそうでしょうか?

…多分、今のまま、何も変わらないままなら、見つけられる確率は低いでしょう。

その他の方法で「いい気持ちになること」を体験してもらうのが、 このプログラムになります。

このプログラム、何をするんだろう?


基本的に、瞑想をしていきます。

今一般的に、”瞑想”というと、
頭に何も考えないように、浮かばないようにする、 と言ったものを思い浮かべると思います。

しかし、このプログラムで言う瞑想は、
今までの記憶を思い浮かべて、それをあたかも今、そこにいるように、

よりリアルにありありと体験する、
ということをしていきます。

そのために、私が
「何を見てますか?何をきいてますか?」
という言葉を投げかけていきます。

もちろん瞑想なので、それに答える必要はありません。

そして、これが画期的だと思うのですが…、
辛かったこと、苦しかったことなどを、
思い浮かべる必要も、言う必要もない、
というところですね。

このプログラムを考えた、リチャード・グレイ博士

2016年1月終わりに、

日本アディクション・インタベンショニスト協会(JAAI)認定
ブルックリンモデル スペシャリストT

という認定を受けました。

この協会は、薬物、アルコール、ギャンブルに対する依存に対して、 精力的に取り組んでいます。

その協会が今回招聘したのが、このプログラムを開発した、リチャード・グレイ博士です。


右側がリチャード・グレイ博士です。
とても気さくで、ユーモアあふれる方でした♪
左は私です。

<リチャード・グレイ博士>
リチャード・グレイ博士は、NLPや心理療法を組み合わせた 独自のブルックリンモデルを開発し、

依存症や心の問題を抱える人々の治療の臨床現場で、 効果的な治療実績をあげてきた世界的に著名な方です。

オハイオ州ユニオン研究所より博士号(心理学)。
ニューヨーク・ブルックリン地区の保護観察官として経験を積み、
1993年からは薬物依存症の専門家としてアディクションを抱える受刑者の治療や
刑事司法における治療プログラムの開発にあたる。

<ブルックリン・モデルとは>
人間のポテンシャルを切り開き、
高めるために設計された、
神経・情動に関する実践的なトレーニング・プログラムです。

このプログラムは、カール・ユングとエイブラハム・マズローの 理論に根差しています。

そのテクニックは、最新の神経科学とユーザーのフィードバックによって 更新され続けています。

物質使用障害、アンガーマネジメント、
パフォーマンスの向上、
精神状態のコントロール、
スピリチュアルな探究に関して、
これまで確固たる成果を上げています。

米国政府の刑事司法システムでは、5年以上にわたり薬物乱用者の治療に用いられ、 効果を上げてきました。

現在では、米国の刑務所釈放準備プログラムに試験的に取り入れられています。

モニターを受けていただいた方の感想


★とても頭も、風景も、はっきりした感覚です。

★私は「生き物だ」、「我」(余分なものが全部とれて、そのままの自分)
ということを、久しぶりに感じられています。

★今まで「これをやらなくては!」という強迫的な感覚ではなくて、捨て鉢な意味ではなくて、
「どうでもいい」と力を抜いて感じられるように なった。

★嫌なことを思わなくていい、話さなくていい。いい気分だけに浸っていられる。
いつも悪いことしか浮かばないので、助かる。

★すごく気持ちが良くて、「(瞑想から)戻ってきてください」と言われても、
戻ってきたくない感覚でした。

★すごくリラックスできた。
今日は久々にいい眠りにつけそうです。

★前は動きたくない。ぼーっとしたいという感じでした。
それが早め早めに動けて、重い腰が、さらっと動きました。

★プログラム後、コンビニに行って散財しなくなりました。
心が満たされている感じで、心がお腹すいていない感じでした。

★朝が弱く、生活リズムが乱れていたけれど、
ぐっすり眠れて、朝早く起きれました。
その時間で何か月かぶりにお弁当を作ったり、いつも食べない朝ご飯を食べました。

★お菓子を買ってしまったり、散財することが多く、後悔していました。
1回目を終えて、お財布を開くことがなかったです。
「やっぱいいや。」って思えました。

★仕事に疲れると、彼に依存していた時のことを思い出していたのが、自分でやめられるようになりました。

★瞑想の感じを、仕事中に試してみたら、疲れてやる気が出なかった状態から、とてもやる気がでてきました。

★依存している時は、ずっと何かしら考えてしまっていて、 頭が休めていなかったな、ということに気づきました。
今はとても頭も体もリラックスできています。

★身体の感覚がすごくよくわかりました。
そして、身体を大事にするということがやっと意味が分かった気がします。


★自分の行動に、自覚と自信がもてました。(失敗した日も)

★夫と子どもに対しても、ああ、今こんな気持ちで接しているな、
と自分の気持ちに対して客観的に観察ができるようになりました。
(怒っちゃったときも、自覚を持って怒れました・笑)

★不自然に気持ちが揺らいてしまったときも、
ああ、自分は、今この人と目があったから緊張して揺れているんだな
ときちんと自覚を持ち、適切に接することが出来ました。

★一緒にいたい異性の対象としてでなく、同じ時間を生きている人間として、
この人はすごいなあという好意より敬意で対象を見られるようになった。

★冷静な自分になり安定感があります。

★やみくもに悩まなくなりました。
やみくもに狂ったように誰かを求めたりしなくなりました。

★お酒もたくさん飲んでやろうと思わなくなりました。
もともと弱いから、胃腸も辛いし、
家族と一緒に楽しく飲むのが幸せかなと思えます。

★いつも完璧な自分じゃなくたってよい。

★家族を愛するように、誰かを同じように慈しんでもよい。
慈しむって愛しむとも書く。愛おしいって思うことは罪じゃない。

★機械じゃないから、こころが揺れて当たり前。
また、反応する揺れるこころがあっていいんだ。

★心地よい時間は、前回の様にまぶしいキラキラではなかった。
もしかして、いくつかの光の種類があるのかもしれない。
今日はもっと落ち着いた光だった。

★自分から出るから、誰からももらってないもの。
誰にも欲しがらなくても自分が自分に与えてくれた。0 これって結構、すごい。

★異性のひとがくれるものとは違う。
でも同じくらいかそれ以上、大事な強い力で。自慢の力だ。
しかもこっちのはぶれない(笑)

★自分に何の条件付けしなくても、自分が与えてくれる力
いまここ、いまの自分から発信できる格別な力。

★人と接するときも、私にはあの時間があるって思うと、
見えない安定感で包んでもらえる気がする。

★人に対して余裕ができて謙虚に、かつ、優しくなれる。

★反省は必要。でも、必要以上に自分を責め過ぎない。

★息抜きも家族とする。家族に話す。家族に自分を解放する。
それでもいい妻だって言ってくれるのだから。

★落ち込んでもよし。いっつも快ばかりでない。人間だから。

●プログラム以前はどういった状態でしたか?

いちど辛い感情を感じると、ずっと引きずってしまう。
0か100かという感じで、中間がない考え方があった。


●プログラム以前と変化した点はどういうところですか?

感情の流れが自分で分かるようになった
(楽しい、いやだな、リラックスしている、怒っている、など)。

悪い感情に影響される時間が短くなった。
自分の力で楽な気分にスイッチすることが出来るのだと思うと、 それだけでほっとする。

(面談して成果を確かめながらやっていくことで振り返りながらできる安心感もあります。)

実際は、0か100かではなくて、
色々な感情が日々入り交じっているものなんだなあと分かり、
以前よりのんびりした気分で過ごせている。

また、完璧であるように自分にプレッシャーをかけていたことが分かった。

過去の事柄や人との会話をより立体的に思い出せるようになった。

瞑想している時間に、出来るだけ細かく追体験したそのことではなく、
他の事柄でも「あのときこんなことがあってこう思った・・」
「こんな風景だった・・」というように
色々と細かなことまで思い出せるようになった。

今まではあまりに頭のなかが別のことでいっぱいで、
思い出す余裕はなかったのかもしれません。


*こちらの内容は、全ての方に効果を保証するものではありません

このプログラムはこういった感じで進んでいきます。


<プログラム序盤>
このプログラムの最初のうちは、その瞑想をしていくなかで、 いい気分を味わってもらいます。

依存状態の真っ只中にあると、
悪いことばかりが目についたり、浮かんだりしてしまいませんか?

それがもうクセになってしまっているので、
良い気分になること、ポジティブな気持ちになる感覚に意識を向けていきます。

<プログラム中盤>
その良い気分を自分で作り出したり、
いつでもその良い気分やポジティブな気持ちを感じられるような

スイッチを作っていく、といったような、自己コントロール法を身に着けます。

常にカウンセリングルームに来なくても、
自分でその良い気分やポジティブな気持ちになるスイッチを作れば、

日常生活の中で自分が感じたいときに、自分の感じたいものを感じられます。

<プログラム終盤>
ポジティブな未来への展望を思い描いていきます。

博士が言っていた中で、私としては図星すぎて結構ショックだった言葉なんですが…

「依存症の人は、依存の症状や、ネガティブな考えが浮かんで、
それが邪魔をして、ポジティブな未来を描けないんです。」

本当は目指していきたい未来がある。
けれど、ネガティブな気持ちに囚われていたら、いい未来なんて描けないし、

「こんなダメな私が、いい未来になんて…
 考えられない。
 なったとしても、それは長く続かないだろう…」なんて。

いい未来を描けたら、
そこに向かって一直線に進めるようになります。


しかも、誰かから提案されたり、レールを敷かれているようなものではなく、

自分の中から、突き動かされるくらいの自分のやりたいこと、したいことが出てきたなら…。

そこに向かうのに、アルコールを飲んで酔っ払っている時間がもったいないし、

無駄な食材を買うお金も使う必要がないから、

その時間も、そのお金も、自分のやりたいことに集中していけますよね。

しかも、自分の中から湧いてきたものなので、
「根拠はないけど、やっていける。そんな自信や信頼感がある!」 ということも感じられます。

*必要に応じて、プログラムの効果をよりよくするため、
プログラムを一時中断し、カウンセリング等を挟むこともあります。
ご相談者様により、臨機応変に対応していきます。

プログラム詳細


★1回3時間を8回、24時間分のプログラムです。

セッションの間隔は、1週間がベストですが、(この条件で最短2か月)
ご都合によりなので、週が空いてしまっても大丈夫です。

いっぺんに全てをやらないのは、心への負担を少なくさせるのと、
「定期的に行う=習慣づける」という、依存と同じメカニズムです。


★場所は、カウンセリングルーム。または、ご自宅にお伺いします。

カウンセリングルームは、
東京都調布市の、京王線飛田給(とびたきゅう)駅から約5分くらいです。
→お申込みの方に、カウンセリングルームまでの地図をお渡しします。

ご自宅に伺う場合は、別途交通費を実費でお願いします。
【関東以外でも可能です。】
男性がご希望の場合、貸し会議室等の場所を確保します。

プログラムの性質上、オンライン・電話等では承れませんのでご了承ください。


★毎月先着で5名様限定にさせていただきます。

プログラムの質とご予約の時間を確保したいので、限定人数にさせて
いただきます。


★今現在、精神科、心療内科に通院中の方は、主治医とご相談の上、
お申し込みください。


状態によっては、お受けできないこともございますので、
あらかじめご了承ください。


★プログラム料金

1回3時間×8週分の合計24時間のプログラムで、
8万円(1セッション単価1万円) のところ、
このプログラムを多くの方に体験していただきたいので、
実質1回分無料の7万円 となります。

お支払方法については、現金、お振込、カード払いも承ります。
分割払いも可能なのでご相談ください。


☆★1回目のプログラムをお試しで体験していただけます★☆

「どんなことをするのかわからないから、不安だった…」というお声をいただいたので、
まずは1回目のプログラムをお試し体験してみてください。
そして、体験した後でプログラムを続けるか決めてくださいね^^

1回目のプログラムを 1万円  にてお試し体験できます。
そしていただいた1万円は、
残りのプログラム料金として充当いたします。(諸条件がございます)



★日時変更、キャンセルについて

キャンセル・日程変更の場合は、前日までにご連絡ください。
当日の開始時間の遅延については、到着予定時間もしくは、予定開始時間を
必ずお知らせください。
終了時刻のずれ込み・延長に関しましては、お断りすることがございます。

プログラム特典


1回3時間のプログラムの追加受講が、通常カウンセリング料金にて行えます。

1回60分のカウンセリングが、
通常カウンセリング料金の3,000円引きにて行えます。


プログラム参加者の交流会にご参加いただけます。
(毎月1回開催予定。会費制、希望者のみ。)


この機会に、日本初上陸のプログラムを♪


私はこのプログラムを日本に広めたいと思っています。

それくらい、依存克服に対してのアプローチの仕方が衝撃的でした。

私はもともと、恋愛依存傾向にあって、それを克服しました。

3年かけて、禁断症状の苦しいときもあったし、
自分と向かい合って、辛かった思い出を消化したり、 それにも3年かかりました。

正直な話、その間は辛い部分が多かったです…。

もし、このプログラムをそのとき知っていれば、

この辛い思いをすることもなく、しかも短期間で
抜け出せただろうなって思います。


私の提供していたプレミアムカウンセリングは、
6か月でしたからね。

このプログラムは、元々アメリカの薬物乱用者に対して行われているものです。

ですが、たまたまその人たちは「薬物」という手段を取っただけで、
「依存」の根本にあるものは同じなんですね。

物質に依存する、薬物、アルコールなどの依存症も有効だし、

プロセスに依存する、恋愛、過食、買い物、ギャンブルなどにも、 効果的だ、と思いました。

特に依存していない人にも、
自信が感じられたり、自己肯定感を感じられたり、自分に価値があるって感じられて、

自分の本当にやりたいことをやっている未来にむけて楽しみながら、
その未来に向けて邁進できるな〜って思ったんです。

これからこの体験をしていく人たちがたくさん増えて、 恋愛だけで悩んでいることがもったいないくらい、

生きることが楽しくてたまらなくなる人があふれる世の中に なってくれるんじゃないかな〜♪
って思ってます^^


この機会に、日本初上陸のプログラムを体験してみませんか?
お待ちしていますね♪

スペシャルプログラムのお申込み


下の方にご予約可能日のカレンダーがあります。
の項目は必須です。ご記入お願いします^^

お名前: *必須

e-mail: *必須

性別:女性 男性

第1希望日時: *必須

第2希望日時: 

第3希望日時: 

スペシャルプログラム:
*必須

年代:

プログラム終了後どうなりたいですか?

お問い合わせ・ご質問・いきごみなど

送信後、ホームページへ戻る場合はブラウザの「戻る」「←」で帰ってきてくださいね。

予約カレンダー


googleカレンダーはリアルタイム更新です。

カレンダーに書かれている時間からのスタート
です。
受付状況により、午前中の時間帯や、
上記以外の開始時間の変更も可能な日
がありますので、ご相談くださいね。

↑のカレンダーが見れない方、携帯電話からは、
専用URLからご確認ください。


その他特記事項


ご予約完了後に、詳しい場所の地図
  (京王線飛田給駅徒歩5分ほど)や、
  スカイプIDをお知らせします。
予約・お問い合わせメールをいただいてから
  24時間以内に返信します。
  返信のない場合はメールが届いていない
  ことも考えられるので、恐れ入りますが
  もう一度アドレスを確認の上、再送信を
  お願いします。
都合により22時以降の返信になる場合は、
  翌日返信いたします。
  受付時間 10:00〜21:00。
  (ご予約が翌日のカウンセリングの締切は、
  前日の13:00メール到着時間までです。)

カウンセリングの詳細は…





カウンセリングについて





ブログ&メルマガ



▲ページトップに戻る