初めてのカウンセリング体験談

カウンセリングを受ける時。不安になりますよね。
勇気…めっちゃいりますよね。


私自身、人生で一番最初にカウンセリングを受ける時、
正直怖かったです。
実はこんなことを思ってました。

という私の体験談です。

”カウンセリング”というもの

”カウンセリング”というものの存在は、
映画とか海外ドラマで知ってました。
映画・海外ドラマを見るのが趣味なのです^^

けど、自分が受ける…う~ん…あまり関係ないかな?と。
自分で何とかできるし、
そんなの受けなくてもなんとかなるって思ってたし…。

初めてカウンセリングを受けたきっかけは、
20代半ばの頃、転職活動もうまくいかず、
もうどうしようもなく、落ち込んでしまったこと。

未来なんてほんとに不安で仕方なくて、
今までやってきたことなんて
意味ないような気がして。


もう自分が大嫌いで、何もしたくなくて、
本当に死んでしまいたかったけど、
怖くて…。

自分で傷をつけるなんて痛いのもいやなんだけど、
ある日いきなり消え去ってしまいたいんだけど、
親に迷惑もかけたくないし。


あーでも、このままじゃヤバいな…。
この状況は人としてヤバいでしょ?

そこで”カウンセリング”が思い浮かんで、
1回受けてみようかなって
ネットで調べてみて、近くに”カウンセリングルーム”があって。

予約のメール…めっちゃ勇気を出して送りました。

予約が取れて、予約日まで、いろいろ考えました

カウンセリングって、本当はどんなことするの?
カウンセラーってどんな人なんだろう?

ってかまず、人見知りだから、
初めて会う人とかめっちゃ緊張する!

つーか、自分のことを話すのが怖い。
話がまとまらなくて、伝わらなかったらどうしよう。
ちゃんと話せるかな…。

「そんなの、たいした問題じゃない」
とか思われたらどうしよう。

こんな私の悩みなんて、
他の人に比べたら大したことないんだろうな…。

こんな私のために時間とってもらうなんて申し訳ないな…。
私の話、つまんないかな?
治らなかったらどうしよう…。

そんな考えが頭をぐるぐるしていました。

いよいよ当日、カウンセリングルームのベルを鳴らす

解決したいと思っている自分の悩みに加えて、
こんな心配もいっぱい持って、
カウンセリングルームのベルを鳴らすんです。

この瞬間が…本当に一番ドキドキして、
最高潮に不安でした。

何度キャンセルしようと思ったか。
なんて言い訳してやめようと思ったか…。

あれ?本当に自分の問題解決したいんか?自分?(苦笑)

不安を抜けてカウンセリングが始まります。

お話をしていきます。
今、私になにが起こっているのか?
何が問題なのか?
何に悩んでいるのか?


今まで友達とか親にも話せなかったこと。
こんなことを思っている自分なんて…
知られたくなかったこと。

こんなにいろいろ調べて、
自分はおかしいんじゃないか?とか思ったこと。
あれ?けどやっぱり私がおかしいのか???



詳しいことを聞かれたり、
質問されたりしてそのことについて答えたりしいるうちに…
なんかいろいろなことを思い出したり、

「あれ?私ってこんなこと思ってたんだ」
「こんな価値観があったんだ」
「こんな過去があったんだ…あのときは…さみしかったなぁ…」
「本当はこんなこと思っていたのにな…」

…とか、そういえば!
って気づくことがいっぱいあるんですね。

なんだか、今まで詰まっていたものが取れたような…
話せなかったことを話せたおかげか、
すっきりしたような…
ちょっと心と身体が軽くなったような…

大体これが1回目のカウンセリングの終わった後の感想でした。



今まで話せなかったことを話せた、
ということで気持ちが楽になれた感じ。

いっぱい泣くし、話を聴いてもらえた解放感というか、
なんというか。
問題とかは解決してないのにね。

カウンセリングルームを出て、
不思議と世界が違って見えた感じがするんです。

カウンセリングを受ける前よりなんだか、
周りの空気が軽くなった感じ?



次の日、世界の見え方が変わってきたりして。
相手からの受け取り方が変わって来たり。

なんだか、今までにないような不思議な感覚。

自分の周りの、どす黒くてすっごい重い空気が、
透明になって軽くなった感じ。
人との接し方も楽になった感じ。


「こういう風な考え方になってない?」
って言われて、
改めて、そんな考え方になってるな~って再確認したりして。

「いつも同じようなパターンになってない?」
って言われて、
ああ、またいつものパターンだ…って、気づいたり。

なんだか、客観的に自分の考えや、
思いや、行動を見つめなおせたりして。

「本当は…私はこう思ってるんだ!」
っていう本音に”やっと”気が付けたり。

自分にとっては、今まで自分に注目をしていなかったからか、
改めて知る”自分”というものに新いものに触れる感覚でした。

そんな感じで今に至ります。

それでもっと知りたくて。自分のこととか。
やっぱり問題も、悩みも解決したくて、2回目を受けて。

きっと一人でやっていけると思って、
けど、やっぱりだめで(笑)、

3回目を受けて。
なんか、このカウンセラーさんと合わないな…
と思って通うのをやめたりして。


今は一番しっくり合うカウンセラーさんを見つけました。
(しかもカウンセラー学校の先輩だった!)

私は3人受けてみて、この人だな~って思って、
今は3年のお付き合いです。

今でも定期的にお願いしてます。
前は悩み相談でしたけど、今はカウンセラー同士のお話を
させてもらったりしてます。


カウンセラーになっても悩みがなくなるわけでもないです。
本当に少しずつでもストレスは溜まっていくものなので、
定期的にカウンセリングを受けて消化してます。




私のカウンセリングを受けた一番のきっかけは、
「うつ症状」でした。

この後それが解消されていくにつれて、
恋愛の問題が大きくなっていって、
恋愛依存とか、共依存とかを調べ始めるんですね。

そして、今現在はカウンセリングを申し込む側から、
ご予約を受ける側へ変化しました。

人生は何が起こるかわかりませんね~^^

あわせて読みたい記事

恋愛下手・重いと言われ自信を無くした女子が愛されて幸せな恋愛をする方法
タイトルとURLをコピーしました