共依存とは


「恋愛依存症」の中でも、タイプが4つに分かれています。
そのうちのひとつ、「共依存」のことですね。

回避依存の相手となるのが共依存傾向の人。
傾向的に、問題のある人に、依存する人です。


私の恋愛依存の場合は

私の恋愛依存の場合は、

相手に対して、嫌なことがあったり、ちょっと違うな…
ということがあっても、それを言えませんでした。
会えなくて寂しい気持ちや、好きだという思いを伝えられませんでした。
とても我慢をしてしまう傾向なんですね。

我慢をしてしまうのは、それを言ったり、私の気持ちを伝えたら、
きっと嫌われてしまう、自分の元を去ってしまう、
という怖さがあったのです。

相手には、彼女や他に好きな人がいて、セカンドの関係でしたからね。

私としては嫌なんだけど、嫌われるのは嫌だ…と思って「OK」
にしてしまっていました。

私からは、嫌だと思ったとしても何も言わない。
ということは、それは相手にとっては「OK」ということ。
もちろん、私自身は嫌なことを我慢しているので不満は募るけれど、
相手は「OK」と映っているので、
そのつもりでコミュニケーションしているわけです。

セカンドの関係が嫌で、一番になりたかったけど、
きっとそのことを言ってしまったら、
「じゃあ、もういいよ。この関係を終わろう」と言われるんじゃないか…
と怖くて、我慢して言えない。

これって、セカンドの関係を自ら作っていて、
相手は、「一番にしなくていい相手」
私は、「一番になることを諦めても、関係を続けたい相手」

これが、
共に依存し合っている(必要としている)
「共依存」ということですね。

親と子の関係

人間の心の状態には、
「親」
「大人」
「子ども」
の要素があって、相手や状況により、心の状態が変わります。

恋愛相手とは、
「めんどうをみてやる」親(自分)と、
「めんどうをみられる」子供(相手)の関係が出来上がりやすいです。

そして、この状況で、安定しているわけです。

うまくいく恋愛は、「親と子」の上下の関係ではないです。

「大人と大人」の対等な関係です。


はたからみたら、ひどい相手とかわいそうな私の図
かもしれないけれど、
お互い心の奥底で、お互いを必要としていた、ということですね。

必要って、きれいな意味ではなく、
上下の関係をつくるもの。
親と子の関係をつくるもの。
というあまりよくない意味のことですね。


また、別の視点でみてみると、
親から得られるはずだった、
または得たかった愛情を、永遠に求め続ける傾向も多いです。

けれど、それは親に、ではなく、
恋愛相手を親代わりにして、
その愛情をなんとか取り戻そうとしてることが多いです。


そして、恋愛相手を象徴的親としてみて、親の代理をしてもらう。
けれど、それは心の深いところでの出来事なので、
気づいていない場合がほとんどです。

ここで、恋愛相手と仲が悪くなって、失敗するということは、
「親から愛してもらえなかった」
という思いを、もう一回経験することになるんですね。

だから、しがみつくし、嫌われないように我慢するし、
捨てられないように尽くそうとするし、
なんとか離れていかないようにするわけです。

共依存の人の特徴

●必要とされることを必要としている

「(他人から)必要とされること」を
「(自分は)必要としている」

もともと自分に価値の無い人間だと思っていると、
「他人が自分を必要としている=自分は生きている価値がある」

ということにもなります。

これは仕事の場面で出てくることも多いですね。
「必要とされている=愛されている」
「必要とされている=好き」
それを基準に好き、嫌いが決まっているケースもあります。

●「救済者」になりたがる

「人助けずにはいられない」
「人助けをしないと心の安定が保てない」
「役に立ちたい」という自然な思いでなく、
「役に立たな”ければならない”」
というレベルであれば、もう”強迫的”なんです。


●相手を放っておけない

「相手を放っておけない」ということは、
「相手をコントロール(支配)せずにはいられないということでもあります。


「相手はこうあるべきである」
「相手はこうしなければならない」

という思いがとても強い方が多く、その理想の範囲内に相手がいないと、
不安になってしまうので、なんとかコントロールをして、
その範囲内に収めて、安心しようとするんですね。

●つねに自分を後回しにする

大元は、自分が子供のころ、親の顔色をうかがう、
というところからきています。


しかし、大人になっても極端に周りの顔色をうかがってしまうんですね。

自分のことよりも相手を最優先させてしまうのは、
自分のことを無価値な人間だと思っていたり、
自尊心や自己評価が極端に低かったりします。

●現実を見つめることができない

自分の都合の悪い事実は無視するか、
都合のいいようにねじ曲げられるような考え方なんですね。


問題があるのに、問題はどこにもない!っていう否定。
その状態を、もっともらしい理由づけをして納得しようとします。
なにか偶然や奇跡の力で、現実が一瞬でひっくり返って、
いい方向へすすむんじゃないか…という非現実的な期待感をもちます。

恋愛依存とは?
回避依存とは?

もっと知りたい方は、ブログ記事へ

依存傾向から抜けるためには


残念ながら、依存症に特効薬はありません。

●依存になってしまった要因は、多数あります。
●幼少期のころ、親から得られるはずだった愛情を、
 得られなかった、と感じてしまった。
●心の傷を抱えている(トラウマだったり)。
●何かを失ったことによる、喪失感(死別、失恋など)。

それらを埋める何か…それが、依存の対象物となりえます。
だからといって、同じことを抱えている人が、
全員依存症になる、ということではないです。

環境が変わり、人とのかかわりがあり、そこから学んでいき、
成長をしていくのですが、
心が傷つかないように、コミュニケーションを避けてしまったり、
傷つかないように人とうまくやっていく方法を、
自分なりに身に着けた結果が、「依存する」という方法だった、
というだけなのです。

嗜癖(しへき)と呼ばれる、”クセ”であり、習慣です。

依存もクセ・習慣でできています。
ですので、なおらないことはありません。
クセ、習慣なので、自分で直していくことができます。

その依存から抜け出すために、
当カウンセリングルームでは、二つの方法をご提供しています。


★依存克服スペシャルプログラム「ブルックリンプログラム」

依存症治療の本場、アメリカから初上陸のプログラムです。

脳の機能をフルに活用し、心の基礎を作り、
自分の感情のコントロール法を身につけられるので、
ご自身でやっていける方法です。
トータル24時間と短期間で、恋愛依存克服を目指します。

とにかく早く、なんとかしたい方。
あまり辛い話をしたくない方。
カウンセリングやセラピーではいまひとつ…
と感じている方にはオススメです。

詳細は、↓をクリック↓



★カウンセリング

カウンセラーとの対話を通して、
今まで話せなかったこと、感じられなかった感情、
自分の考え方や受け取り方のクセを知り、
傷ついた心を癒していきます。

そうなると、傷も癒され、心も成長して、
「傷つかないための人とのコミュニケーション」から、
「健康的なお付き合いをしていくためのコミュニケーション」
へとつながっていきます。


また、人によって、クセは違います。
その人に最適な方法や、進む方向や、対策、作戦も違います。

1対1でお話できるからこそ、オーダーメイドで一緒に考えていきます。
そして、私はそこから抜け出したので、大事な
ポイントも押えています。

目安として、恋愛依存から抜け出している傾向が見え始めるのは、
半年〜1年くらいです。
継続しなければ意味がなく、
最低3ヶ月はかかると思ってください。

継続して続けていきたい方
じっくりと腰を据えて取り組みたい方。
理論的に、頭で理解したい方。
そういった方にオススメです。

「恋愛=苦しい」とはさよならして、
「恋愛=楽しい♪」にしていきましょう。

カウンセリングのお申し込みはこちらクリック♪

ご予約・お問い合わせ

カウンセリングのお問い合わせ・ご予約は、下をクリック。

 

受付時間 10:00〜21:00。
定休日 水曜・木曜。
翌日カウンセリングの受付は、前日の13:00メール到着時間までです。
メール到着から24時間以内に返信いたします。
(21時以降は翌日返信)

このページのトップへ