カウンセリングQ&A


「来談者中心療法」という心理療法で進めていきます。
来談者(相談者)の話をよく傾聴し、相談者に本来備わっている、
「自己成長力」や「自己治癒力」を信頼して、
相談者自身が主体的に、悩みや問題を解決できるようにお手伝いします。

お話をお伺いすることで、自分の気持ちや感情を整理したり、
心の傷を癒したり、過去と向き合ったり、
周りの方々とどうかかわっていくかを考えたりしながら、
ご自身についてを思い描く時間を一緒に作っていきましょう。

カウンセラーは医者ではないので、診断・診察・薬の処方などの
 医療行為は禁止されています。ご了承ください。

よく聞かれることをQ&Aでまとめてみますね。

カウンセリングって誰が受けるの?

受けたい方はどなたでもどうぞ。

カウンセリングは、うつ病などの心の病気になる予防と、
ケアの部分に効果を発揮します。

「うつ病とか”病気”でもないのに、カウンセリングなんて大げさだ…」
って思う人も多いのですが、病気になってからじゃ遅いんですよね。
(そうなるとまずはカウンセラーではなく、精神科や心療内科の医療分野に
なります。)

カウンセラーは、悩みや問題を、目の前の相談者と他の相談者と比べること
なんてしません。
その悩みや問題はその人だけのものだから。


なので、「自分の悩みは他の人よりちっぽけだ…」と思う必要もないですよ。
それをなんとかしようと思って、自分なりにやってきたと思うんです。
けれど、改善されない。辛い。苦しい。

それなら、勇気を振り絞って、今までと違うことをやってみませんか?
今までと違うことは、私が言うところの「カウンセリング」という方法
がありますよ、ということですね。

よく聞かれることその2

カウンセリング中に、カウンセラーは何をしているの?

お話を聴きます。(傾聴といいます)

お話を聴かないと、今あなたの中で何が起こっていて、どうなっているのか?
ということが分かりません。
それが分からないと、どうなっていきたいかもわからないんですね。

お話の内容は、まとまってなくて大丈夫です。
私がその話のまとめをお手伝いします。

何から話し始めていいか混乱していてるのもわかってますから、
うまく話が伝わらなかったらどうしよう?と心配する必要はないです。
補足したり、詳しくわかろうとするために質問させてくださいね。

お話を詳しく聴いて、今後どうするか?
実行の部分での作戦を練る(具体的な方法とか)を検討したり、
より良い生活、人生になれるように一緒に作戦会議しましょう。

作戦会議はしますが、
改善したり、実行するのは、あくまで相談をしてくれた、あなた自身です。
「なんとかして」じゃなく、「なんとかしたい!」「なんとかやってやる!」
になれるといいですね。

よく聞かれることその3

友達に話を聴いてもらうのと、カウンセラーに話を聴いてもらうのは
 何が違うでしょう?

友達に話を聴いてもらうと…
「その人の視点」からのアドバイスをくれます。
→「分かっちゃいるけど…できない」になりがち。

話を聴いてもらえず、”友人自身の”価値観を押し付ける場合もあり。
→さらにモヤモヤ。友人からしたら、心配して言ってることなので、
悪気はないのですけどね。

その付き合いを良好にしたいから本当の深い悩みは打ち明けられない。
→”嫌われたらどうしよう””変な人と思われたらどうしよう”って思います。

カウンセラー相手だと、
友人として良好な関係を築かなくていい分、誰にも言えなかった辛い思い、
悩み、感覚、経験を、話してスッキリできます。

→ずっと背負っていた重い荷物を少し軽くするような感覚です。

さらに、その話を聴いて批判も攻撃もしませんし、安全に話せます。
→思ったこと、考え、経験などなど…はその人自身の唯一無二のものです。

話していくうちに、今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。
→自分の思い、考え方、感情…これに気づいたりします。自分と向き合う、
ということですね。

話を聴いて、客観的に、別視点での見え方をお伝えします。
→問題があったり、悩んでいるときは一方向の視点しか持てないものです。

”問題の解決”をするための方法をお伝えできます。
→心理療法ですね。ただ話をする、ということだけでも大丈夫です。

話をして今の”心のモヤモヤ”がなくなってくると、自分のやりたいこと、
やること、やらなきゃいけないことなどなど…
”本当の”ことや、”現実”が見えてくるので、
それに向かっていけるようになるんですね。

よく聞かれることその4

カウンセラーの専門分野は?

「依存・執着」です。ただ、すべての方のお話を聴かせてもらっています。

カウンセリングの受付は「依存・執着」”のみ”というわけではないですよ。
人によって、問題や悩みが「恋愛」「仕事」「人間関係」「お金」「親」
「人生」「健康」など…というものを借りて出てきている、
っていうだけなんですね。

とはいえ、以前より『恋愛依存からの脱出』というブログを書いていたので、
そちらを見て「話を聴いてほしい!」という方は多いです。
ありがたいことです(-人-)
私自身も、「恋愛依存・回避依存」「共依存」「アダルトチルドレン」
「インナーチャイルド」というのは、 カウンセラーを目指したきっかけだし、
他の心の動きよりも、恋愛に絡んだ心の動きの方が、知識は多いです。

ただ、残念ながら、「知識が多い=私の悩みを解決してくれる!」
でもないんですね。
悩みを解決するのはカウンセラーではなく、あくまでお話をしてくれた
『あなた』自身
なんです。
誰かに依存して生きていくだけの人生から、あなた自身の人生を
生き生きと歩んでいけるようになる。
それが、カウンセリングの最大の目的です。

よく聞かれることその5

なんか怖い

怖くないですよ~(^O^;)

まあでも、怖いって思うのもしょうがないですよ。
初対面の人に自分の過去や弱い部分を話すんですもの。

催眠術かけられるの?…かけません。
人の気持ちがわかるの?見透かされてしまいそう。…分かりません。
自分を出さなきゃいけないの?…無理して出す必要もないです。

多分…「心理の勉強してると、考えていることが分かっちゃうんでしょ?」
ってことだと思うんですけど、勉強をすればするほど、
「人の心は分からないもんだ」ということが分かります。
だから、お話を聴いて、分からないところは質問して、
ということをしていくんですね。

カウンセリングはお気軽に♪

相談者が安全に自分に向き合うために、一緒に寄り添うこと。
これが私のカウンセリングをするときの軸です。

その、”一緒に寄り添う”ために、たくさんのお話を聴くし、
「悩みや問題が解決したら、どうなっていたい?」というのを引き出して、
そこに向かっていくための方法を考えたり、
負のループを一緒に体験したり、当時の辛い気持ちを共有したりします。

肩こったな~マッサージ行こう♪ちょっとつかれたな~温泉行こう♪
っていうのと同じような感覚で、定期的にカウンセリングを受けて、
心のマッサージ、心のメンテナンス、に利用してもらえたら。と思ってます。

ご予約・お問い合わせ

カウンセリングのお問い合わせ・ご予約は、下をクリック。

 

受付時間 10:00~21:00。
定休日 水曜・木曜。
翌日カウンセリングの受付は、前日の13:00メール到着時間までです。
メール到着から24時間以内に返信いたします。
(21時以降は翌日返信)

このページのトップへ